どうすれば日々の業務を改善できるのか?

オフィス業務でよく使うソフトはExcel、Access、Wordなど。仕事のやり方は人それぞれ。担当する者のスキルや能力によって、業務の効率性は大きく左右されます。そして、たいていの場合は非効率なやり方をしているのが現実です。

多くの実務担当者は、勤勉です。言われた仕事をしっかりこなすタイプが多いです。このご時世、言われた仕事をこなすだけではダメで、日々の仕事に加えてさらなる仕事を与えられ、残業してでもそれをこなしています。定型業務(ルーティンワーク)をなんとか圧縮して短時間で終わらせたい、そして非定型業務(クリエイティブな業務や突発的な業務)に集中したいと考えている。しかし、それがなかなかうまくいかないのです。非効率なやり方をしている実務担当者は、自分が非効率なやり方をしていることに気づいています。その非効率さを払拭しようと、自腹を切ってスキルをあげようと勉強します。努力します。その一つが、VBA(Visual Basic for Applications)というプログラミング言語です。

VBAとは何か?

VBAとは、Microsoft社が開発したMicrosoft Office用のプログラミング言語で、Visual Basic for Applicationsを略したものです。VBAは、Visual Basic(VB)というプログラミング言語をベースとしており、ExcelやWordなどのソフトウェアで使用できるようにカスタマイズされています。VBAは日々の業務を効率化して生産性を上げるのに、驚異的な威力を発揮します。さらに大きなメリットとして、VBAは、他の言語に比べてとても学びやすい言語なのです。その理由は3つあります。

理由1. 業務との親和性が高い

身近な業務で最もよく使うExcelなどのOfficeソフトに、開発機能がはじめから搭載されているのはVBAだけです。普段の業務と密接に関係しているから、業務効率化にも直接的な効果をもたらしてくれます。

理由2. 敷居が低い

VBAは英語に近いので、なんとなく読めます。他のプログラミング言語に比べて直感的に理解しやすいです。最初の敷居が低いので、取っ掛かりやすいのです。

理由3. 情報が多い

VBAの普及率が高いため、書籍やインターネットなどが数多く発行されていて、開発に必要な情報は世の中にあふれています。何かトラブルが起きたときや、細かい情報を知りたいときに、少し調べるだけで様々な情報をすぐに入手できます。

VBAはとても学びやすい言語であるにも関わらず、VBAを学ぶ者に挫折するものが絶えません。その理由はなぜなのでしょうか?

VBAを効率よく学ぶ方法

私たちもとても歯がゆい思いをしています。私たちは、VBAを手っ取り早く習得するための方法論を持っています。私たちは、業務改革のプロ集団です。VBAのツールによって、4時間以上かかる作業をわずか5分に短縮してきた実績は数え切れないほどあります。業務において必要なVBA知識とは何か、何をどう理解すれば業務でVBAを使えるようになるのか、その答えを持っています。

多くのITスクールや講座で教えているVBAは、知識偏重型のVBAです。業務改善のことなど到底理解していないようなパソコン教師が教えています。だから日常業務で役に立たないのです。

業務で使わない、端的に言えば「全く必要のないVBA知識」を莫大な時間と料金をかけて習得させようとしています。VBAを学ぶのに、50時間も100時間もかけているようでは先が思いやられます。それに比べて、私たちの提供する講座は違います。たった3回(10時間程度)受けてもらえれば、業務でVBAを使えるようになります。実際に、VBAを使いこなせるようになった受講生の方は何人もいます。私たちを信じてついてきてくださる受講生の方は、確実にスキルアップできます。みなさんにもぜひそれを体験していただきたいのです。

VBAを学習するアプローチ

私たちが提供するVBA初級講座は、VBAに対するハードルを一気に下げ、業務で使う重要なVBA知識を一気に習得することができる、極めて中身の濃いインプット講座です。みなさんが悪戦苦闘しながら学んでいる学習法を、一発で解消します。さらに、スピーディに知識を身につけることができるのはなぜかというと、単なるインプットだけで終わらない、インプットとアウトプットを交互に繰り返す「スパイラル学習法」を採用しているからです。

みなさまには、最終的に1つのツールを完成させることを体験学習していただきます。その過程を知ることは、業務改善のためのツールを自力で作る方法を身につけることに役立つからです。目的の処理(日本語)を、最終的にはVBAというプログラム(機械語)に変えていくのが目的なのですが、その過程で、1つめの処理を作るのに必要な知識をインプットして、すかさず実習(ワーク)をして体で覚えていただきます。これを繰り返すことで、最も効率よく知識を定着化させることができます。

Excel VBA 初級講座の詳細はこちら

Excel VBA 初級「演習」講座は、Excel VBA 初級講座で身につけた知識を確実に定着化させるための、基本的なアウトプット訓練を行います。実はこの講座が大好評で、受講者満足度評価97点という高いスコアを獲得しています。

そのアプローチは斬新で、現在も多くの企業の現場で業務改革を実現している、業務改善歴15年のベテラン講師だからこそできる画期的な手法です。

VBAのテキストを読んでいても、業務課題を解決できるようにはなりません。業務課題を解決できるようになるには、実際の業務課題に触れるのが最も合理的で近道です。本講座では、実際の業務に適用できる業務課題をベースに、ツールの設計方法を教えます。設計ができたら、開発(プログラミング)の練習を行います。初級で学んだ知識を活用して、プログラミングを自分の手でやります。その過程が、みなさんのスキルを上げることに直結します。初級で満足していませんか?もう一歩先に進みたいのなら、アウトプットの練習は欠かせないのです。

Excel VBA 初級「演習」講座の詳細はこちら