残業時間の削減や、働き方改革が待ったなしの状況です。しかし、単に残業時間を減らしただけでは業績が悪化します。そこで重要なのが、生産性の向上です。これまで、ブルーカラーの生産性については、トヨタ自動車のカンバン方式といった大きな変革を経て、諸外国に比べて高い水準であると言えますが、殊にホワイトカラーの生産性となると、目を覆いたくなる状況と言っても過言ではありません。そんな現状を打破するのが、弊社がご提案するIT研修です。以下のように体系化されており、豊富な研修コースからお選びいただけます。

オフィスワークにおける生産性向上を分解すると、「時短(時間短縮)」と「自動化」に分けられます。手作業、手入力をスピードアップするために必要なのが時短テクニックであり、それを身につけるのに大変効果的なのが、弊社がご提供するExcel初級研修です。お客様企業ごとにある程度カスタマイズでき、Excelに不慣れな社員へのスキルアップの動機づけができます。この研修をとっかかりにして、業務改善への取り組みを加速させることができます。

 

▼Excel業務効率化 レベル1

 

しかし、手作業・手入力を続けている限り、必ずミスは発生するし、一定以上の作業時間がかかります。そこで登場するのが「自動化」という発想です。作業系のルーティンワークは機械に任せて、もっと付加価値の高い考える系の作業にシフトしていこう、というねらいがあります。

 

▼Excel業務効率化 レベル2

弊社が提供するIT研修は、充実した内容なのにリーズナブルで、実際に研修を導入された大企業でもご満足いただいております。ぜひ御社でもご活用いただければと思います。

* 必須項目です