Excel VBA業務改善

  1. 入社3年目の壁、問題を問題として認識できるか?

    営業部・経理部・人事部・総務部・経営企画部などの業務を担う実務担当者には、常に2つの壁が立ちはだかっていると思います。

  2. 【地雷クライアントとは】タダで作業してもらおうとする人に、優良顧客はいない

    いわゆる地雷クライアントに遭遇しないためにも、いいお客様と悪いお客様をしっかり見極めることが、サービスを提供する事業者にとって重要です。 いいお客様と悪いお客様の違いは、成果に見合った対価を支払う覚悟があるかどうかです。

  3. 日本頭脳株式会社は、業務効率化に関する無料相談を承っております

    中小企業の経営者様、大企業の実務担当者様、エクセルなどを使った日々の業務をもっと効率化したい、問題点はわかっているんだけど改善方法がわからない、など、お困りのことはありませんか?相談できるパートナーとして、お気軽に弊社をご活用ください。

  4. ExcelやAccessの業務改善、どこに頼んだらよいのかわからない企業様へ

    費用対効果が業界ナンバーワン!これが弊社の強みです。 13年の業務改善実績を活かし、リーズナブルな料金で、スピーディに、高い成果を生み出すのが特徴です。実際、ご依頼頂いてから5営業日以内に業務効率化を実現しております。

  5. 生産性向上とは、業務の「品質向上」「コスト削減」「時間短縮」を実現すること

    中小企業の重視する経営課題のトップに挙がるのが「業務効率化」や「コスト削減」です。経営者に限らず、実際に業務を行っている実務担当者の方々も業務の改善を日々行っていますが、IT予算はそれほど多くなく、効果的な業務改善ができていないのが実情です。

  6. 要件定義の善し悪しがシステムを決める

    要件定義のことならお任せください。正しく要件定義を行うために重要なポイントがあります。それは、「要件」「技術」「制約」をバランスよく考慮し、ステークホルダー(利害関係者)の意見を踏まえた最善の提案をすることです。 「要件」とは、お客様が実現したいことです。

  7. 【開催終了】最強のExcel・Access・VBAセミナー

    当日の配布資料はこちらからダウンロードできます。講座開催レポートはこちら。

  8. 攻めのITと守りのITの実現を支援します

    近年、ITの高度化がますます進展し、これまでにないほどIT製品・システム・サービスの選択肢が増え、多様なツールが提供されています。

  9. ビジネス交流会に期待するな、はごもっとも

    苦手な営業を頑張ってやらないといけない、ということで、ここ2カ月で4回のビジネス交流会に参加してきました。主な目的は「顧客開拓」のためですが、最初の交流会が終わったときから「あれ?変だな・・」と思っていました。

  10. 意外と知らない業務プロセスの書き方まとめ

    近年、ますますビジネスのスピードは増し、中小企業は不確実な社会経済状況に置かれています。顧客ニーズの細分化、ビジネスサイクルの短期化、景気不透明、国際競争の激化といった脅威のもと、目まぐるしく変わるビジネス環境変化への迅速な対応や、ビジネスプロセス改革の重要性が高まりつつあります。

ページ上部へ戻る