お見積もり例)データ移行・加工・整形作業の代行

データ処理作業の中でも、意外と手間がかかるのが、データ移行です。例えば、毎週1回、人事異動情報などの変更依頼データを、給与計算システム(ペイロールシステム)に取り込むデータに変換するような作業があります。

変更依頼データを、取込データの形に変える作業は、実務担当者が手作業でやります。コピーペーストや列の削除などを行って作業用のデータを作成し、その後Excelの関数を駆使して複雑な数式を書いて、目的のデータへと変換していきます。データ量が大きいと徐々にExcelの動作は重くなっていき、作業に時間がかかるようになります。この作業に御社がかけている人件費(正社員)は、ざっとこんな感じです。

月4回(毎週1回)×1回あたり4時間×時給2,500円=4万円

さらに、手作業なので4回に1回はミスをするでしょう。その時の手戻りや、手戻りに関与している人が2人いたとすると、以下のような時間はムダに使っていることになります。

月2回×1時間×2人×時給2,500円=1万円

||

計5万円

さらに、もしこの作業を行う上で人を雇っているとすると、採用費として数十万円、経費に毎月数万円~10万円かかってきますよね。見えない費用も含めたら、相当な額になるんです。

この作業を弊社に依頼(委託)していただいたときの流れをご説明します。

  1. 作業開始前に、秘密保持契約を締結いたします。お客様の情報に対する責任を明確化します。
  2. お客様との要件定義の打合せをさせていただき、変更依頼データの内容、給与システム取込データの仕様を確認し、2つのデータの対応関係を細かく確認させていただきます。この作業は3時間程度で完了し、特に作業料金は頂戴していません。
  3. 業務委託契約を締結し、正式にお仕事をお引き受けします。
  4. お客様から月次データをいただき、データ受領後3営業日以内に給与システム取込データを納品します。

本作業のお見積もり額は、月額3万円(税抜)です。作業を行うのは事務作業のエキスパートですので高品質、ミスもありません。手戻りも発生しません。ぜひプロ集団である弊社をご活用ください。

関連記事

  1. 付き合う人間を選ぶことの重要性

  2. 10/8 大宮◆最強の Excel VBA 講座 基礎コース…

  3. 経理・財務部門の業務改善

  4. 【改善の第5ステージ】全社業務の最適化

  5. 1/11 東京◆最強の Excel VBA 講座 基礎コース…

  6. VBAエキスパート(スタンダードクラウン)資格を取得しました…