【働き方改革 第4回】部下の報連相を尊重せよ

部下が報告や相談に来たとき、忙しいからと雑な対応をしていませんか?機嫌が悪いからと、ミスを粗探しして怒鳴りつけていませんか?
親しい上司ならいざ知らず、多少なりとも緊張しながら勇気を出して報告しに来てくれた部下を、頭ごなしに怒鳴りつけたら、その部下は今後報告することを嫌煙し始めます。それが上司にとって良いことなのかどうかを考えるべきです。
ただでさえ上司は、部下のタスクの進捗にやきもきするものです。部下が実施しているタスクの進捗を、部下が自ら報告しに来てくれるのは大変ありがたいことだと再認識しましょう。さらに、もしトラブルを抱えているなら、それも早めに相談してくれれば対処のしようがあります。
悪いニュースを報告すると怒鳴られるから、ギリギリまで報告しない、と部下が思ってしまうと、取り返しがつかないところまで状況が悪化しかねません。

 

▼オフィスワーカーのための働き方改革セミナーを開催します!

日時:3/1 19時~20時半
場所:ちよだプラットフォームスクウェア MR001
料金:500円
https://www.street-academy.com/myclass/19688

関連記事

  1. 意外と知らない業務プロセスの書き方まとめ

  2. 『Excel VBA 講師養成塾』の狙い

  3. 社会保険労務士のデータ処理作業を楽にします(社労士向け業務効…

  4. 東商「社長ネット」に日本頭脳株式会社が掲載されました

  5. 総務部門の業務改善

  6. 10/22 関内◆最強の Excel VBA 講座 基礎コー…