ブログ

10/8 大宮◆最強の Excel VBA 講座 基礎コース(3時間)

イベント名 最強の Excel VBA 講座 基礎コース
お申込み メールアドレスを入力して送信してください。追ってご連絡差し上げます。

日時 2016年10月8日(土) 13時〜16時(3時間)
場所 大宮ソニックシティ 903(JR大宮駅直結、徒歩3分) ※飲食物の持ち込みは禁止

access_map

img

講座概要 業務のプロを本気で目指したい方のためのExcel VBA講座です。

 

本講座では、テキストの1ページ目から順を追ってゆっくり学んでいく「パソコン教室方式」とは一線を画し、業務に直結する知識とノウハウを短時間集中で学ぶ「実践スパルタ方式」を採用しています。

 

実際に現場で行う業務改善事例にもとづいてコース内容を設計しているので、ムダな知識に時間をかけることが一切ありません。仕事で実践できる密度の濃い学習ができます。講師は、業務改善歴13年の実績があるたたき上げのITコンサルタントで、システム設計・データベース設計のプロフェッショナル、そして業務効率化の第一人者です。

 

<講座の特徴>

1.講義とワークを繰り返す「スパイラル学習」
短い講義の直後にワーク(受講生による作業)を行うというセット学習を繰り返し行うことで、最後まで飽きることなく、確実に知識を身に付けていくことができます。一貫した実務事例の中で、作業を一つ一つ積み上げていくので、登山において登頂したときのような達成感があります。

 

2.「ペアプログラミング」による効率的なスピードラーニング
受講生を2人1組にし、相互に助け合いながら作業を進めることで、受講生が孤独に学習を進めるよりも効率の良い学習が期待できます。お互いに進捗をフォローしながら作業を進められることで安心感が得られ、1人で悩んでいる時間が大幅に減るので効率的、そしてチームでやることで楽しく学習することができます。

 

3.業務改善のスペシャリストを目指す「ハイレベル学習」
単にVBAが使えるだけでなく、業務プロセスを改善するためのプロの技術を学ぶことができます。ExcelやVBAを扱うのが上手になったらそれで終わりという講座が多いですが、本講座はさらにその上を目指しています。業務の生産性向上や効率化を実現することが本質的な目的であり、そのためには業務を知り、改善の方法を知る必要があります。そういったハイレベルな知識を習得するための機会をご提供しています。

講座詳細 <当日のスケジュール>
◆実務事例1 勤務表チェックツール

勤務管理表のデータチェック処理を自動化するという実務事例を通じて、VBAの総合的な基礎知識を修得していただきます。

 

1. VBAの学び方(10分)
2. 勤務表データチェック<前半戦>(50分)
ワーク1:ボタンを作る
ワーク2:ボタンから処理を呼び出す
ワーク3:セルの色を変える
ワーク4:処理から処理を呼び出す
3. 勤務表データチェック<中盤戦>(50分)
ワーク5:分岐処理を行う
ワーク6:引数・戻り値を理解する(1)
ワーク7:繰り返し処理を行う
ワーク8:変数を理解する
4. 勤務表データチェック<後半戦>(30分)
ワーク9:関数の使い方を理解する
ワーク10:引数・戻り値を理解する(2)
ワーク11:全体の仕上げ
ワーク12:動作確認
5. ステップアップ講座のご案内(10分)
6. 質疑応答(10分)

 

この講座の前に、入門コースがあります。ぜひご参加ください。

http://nihonzuno.co.jp/2016/09/18/20161008_omiya_excel_vba_kiso_nyumon/

対象者 お仕事でExcelを使っており、さらなる業務効率化とスキルアップを図りたい方。
VBA未経験者または初心者。
※学生の方は参加できません。
講師氏名 永井 雅明(ITコーディネータ、Microsoft認定トレーナー)

早稲田大学理工学部卒。世界4大コンサルティングファームであるプライスウォーターハウスクーパース、ソフトバンクテレコム、シグマクシスを経て、日本頭脳株式会社を設立。データベース設計、システム設計のプロで、業務効率化の第一人者。

定員 20名
料金 わずか、4,500円!(税込)
お問合せ 日本頭脳株式会社

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町17番2号 兜町第6葉山ビル4階
メールアドレス:vba@nihonzuno.co.jp
電話番号:03-6892-8946

持ち物 必ずパソコンをご持参ください。OS:Windows、Excel:2010以降
配布資料 当日配布します
お申込み

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る