ビジネスパートナーに求める要件は「リスク・コミットメント」

人の話を聞かない人、アドバイスに聞く耳持たない人、勉強ばかりして実践しない人、自分の売り込みに必死すぎる人、夢は大きいけど行動が伴わない人、事業はやっているけど収益に無頓着な人、他人に無関心な人、いろんな人がいますよね。

 

前々から思っているのは、付き合う相手が自分にもたらす価値は大きい、だからこそ付き合う相手は自分の信念に基づいて選ぶべきだ、ということです。私が付き合いたいと思っているビジネスパートナーは、事業を前に進める強い意志を持ち、リスクと報酬をシェアする覚悟がある人です。

 

「事業を前に進める強い意志」とは、事業を生み出し、成功のために全力を尽くすことです。よく計画ばかりやって実行がまったく伴わない人もいますが、計画倒れにしないことがまず第一の関門です。そして、立派な計画は立てたけど何もしないのでは意味がなくて、スモールスタートでいいからとにかくやってみることが大事だと理解していること、それが第二の関門です。

 

「リスクをシェアする」とは、人・モノ・金・情報(知恵・ノウハウなど)を無償で提供することです。お互いにビジネスを創り出していこうというとき、何も負担しないでただ口だけ出していればいいという人とは組みたくありません。金を出すのが一番ですが、金がないなら役務(人の労力)を提供すればいいし、設備や場所を提供するということもできるし、業界の人脈を紹介するとかノウハウを提供するとか、とにかく何かしら負担をするということが、リスクをシェアする、ということです。その覚悟がない人とは付き合いたくありません。

 

「報酬」というのは、双方が負うリスクの大きさによって分配されるべきです。例えばAさんが100万円出して、もうBさんが200万円だしたとします。そして3,000万円の利益が得られたとすれば、受け取る報酬はAさんが1,000万円、Bさんが2,000万円というように分配するのがフェアだろうと思います。もちろん資金を拠出するのではなく、工数で出す場合もあるでしょう。そのときは人件費として計算すればいいです。とにかく、投資した金の大きさによって報酬は決まる、ということが理解できないといけません。

 

このような基本的なルールを理解していることを前提に、一緒に何かを創り出していこうという人たちと仲間になりたいです。このような仲間は、考え方が建設的です。物事を力強く前に進めることができます。新しいビジネスを具現化していくための超前向きなコミュニティをつくっていけたらいいなと、思っています。

関連記事

  1. 初めて出会った、人事部の鑑のような人

  2. ITで生産性を向上させたいなら、内村航平選手を見習え

  3. 会社が実在しているのかを手軽に確認する方法

  4. ジャパンネット銀行でも無事に口座開設できました

  5. 東商社長ネット掲載社数がなんと・・

  6. 関東1都6県の道路使用許可申請 便利度ランキング(PDF・W…