ブログ

ジャパンネット銀行でも無事に口座開設できました

三菱東京UFJ銀行で法人口座を開設できたのはいいけど、振込手数料がべらぼうに高いです。ただでさえ口座維持手数料が2,160円/月かかるのに、法人向けのネットバンキングを使うとさらに追加で1,728円/月かかるし、その上振込手数料が1回756円取られるとか、ちょっともう勘弁して・・

 

▼三菱東京UFJ銀行の振込手数料(ホームページより)

FireShot Capture 75 - 振込手数料 I 三菱東京UFJ銀行 - http___www.bk.mufg.jp_tesuuryou_furikomi.html

 

・・なので、三菱東京UFJ銀行は入金専用口座にして、振込は別の銀行にしようと思って探してたら、ジャパンネット銀行というのが見つかりました。

 

▼ジャパンネット銀行の振込手数料(ホームページより)

japannetbank

 

すごく良心的で泣けてくる・・というわけで、さっそくジャパンネット銀行の開設手続きをしました。

 

FireShot Capture 75 - 振込手数料 I 三菱東京UFJ銀行 - http___www.bk.mufg.jp_tesuuryou_furikomi.html

 

といっても、必要な書類はすごくシンプルというか、あっさりしている。

 

まずは、どこにいっても必要な3点セット。

  • 履歴事項全部証明書
  • 法人の印鑑証明書
  • 本人確認資料

 

それと、「ホームページのURL」を入力するように言われます。ホームページはしっかり作りこんでおく必要がありますが、弊社のホームページは最近コンテンツが充実してきたので問題ないだろうと思ってました。

 

最後に、以下のいずれか1点を提出せよと書いてあり、たぶんこれがひっかけ問題なんだろうなと思いました。

  • 法人設立届出書(控)
  • 青色申告承認申請書(控)
  • 確定申告書(控)
  • 国税または地方税の領収書または納税証明書
  • 主たる事務所の建物登記簿謄本(現在事項証明書)
  • 主たる事務所の建物賃貸借契約書

 

まだ決算終わってないので「確定申告書」や「国税または地方税の領収書または納税証明書」は提出できないし、悪徳企業でも提出できる「法人設立届出書」とか「青色申告承認申請書」はやめといたほうがいいかなと思いまして、「事務所の建物賃貸借契約書」を出すことに。

 

弊社はレンタルオフィスですが、入居企業に怪しい会社がない(と思う)のでたぶんこれでいけるかな?と思って、施設利用契約書の写しを提出しました。

 

書類を送ってから3営業日後に「書類届いたよ~」というメールを頂き、7営業日後には「口座できたよ~」というメールが届きました。素晴らしい。

 

ニホンズノウ(カ 様
普通預金の口座開設をお申し込みいただき、ありがとうございました。
口座開設の手続きが完了しましたのでお知らせいたします。

口座開設日: 2016年0X月XX日

お客さまのキャッシュカードとトークンを、原則3日後
(土曜日・日曜日・祝日、ゴールデンウィーク、年末年始は除く)に、
簡易書留(転送不要)で発送いたします。

発送時にはあらためてメールでご連絡いたしますので、今しばらく
お待ちください。

口座番号はキャッシュカードに記載しております。
お電話、Eメールによる口座番号のご案内は行っておりませんので
ご了承ください。

 

そして、お待ちかねの封筒が到着!なんかモッコリしてます・・

DSC_0225

 

こちらがキャッシュカードですね。VISAデビット(銀行の預金口座からすぐに代金を引き落とせる)機能付きなのは嬉しいですよ。

DSC_0229

 

封筒がモッコリしていたのは、この「ワンタイムパスワード(トークン)」のせいでした。

DSC_0228

 

取引のときに、このトークンで発行されるパスワードを入力するんですね。トークンが電池切れになったらどうするんだろうという余計な心配をしちゃったりして・・

 

とりあえずこれで、入金と振込ができるようになりましたー!(パチパチ よかったよかった。

 

ついでに三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードも到着しましたよ。

DSC_0227

 

法人口座の開設はこれでバッチリオッケーです。

 

余談ですが、ジャパンネット銀行のキャッシュカードって薄いです。

DSC_0225

 

上が三菱東京UFJ銀行、下がジャパンネット銀行。わかるかな?三菱のほうが若干厚みがあります(笑

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る